家族で内緒で借りた借金が、ヤミ金だったので困った事に


家族で内緒で借りた借金が、ヤミ金だったので困った事に

長い不況で、残業時間も減らされ、小遣いも足りなくなるけど、支払いは全く減らず、得意先の声がかかれば、飲み屋にゴルフというお父さんもいるかもしれません。

 

 

ネットで安い商品や、コスメがあれば思わず買ってしまう、気が付くとカードの請求額にびっくりするお母さんもいるかもしれません。収入の範囲内で、やりくりするのがもちろん大切ですが、時には急な出費が必要な事があります。

 

 

家族に内緒で借りた借金が、どんどん膨らんで、1回ヤミ金で借りると、法外の金利(年利100%以上)の為、どんなに返しても返しても、元本が減らず、また別のヤミ金に借りて、というように、文字通り雪だるま式の借金が膨らんでいきます。

 

 

家族にバレてしまうと、離婚されるかも? 会社にばれて解雇になるかも? と不安が正常な判断を妨げて、どんどん悪くなってしまう事が多いです。家族に迷惑を掛けないで、解決する為には、一刻も早く専門家への相談をする事が大切です。

 

 

毎月の返済が、生活費も払えない状態になると、結局、家族にバレてしまう事になります。そうなる前に、順番に対策をしていきましょう。

 

 

家族に内緒で、解決する方法が無いか?

 

インターネットの掲示板で調べてみると、ヤミ金に強い司法書士事務所や弁護士事務所という法律のプロに相談をする良いという事が分かりました。

 

 

「守秘義務」といって、相談者以外には誰にも言わないという決まりがあるので、妻や旦那にばれないで、こっそりと解決する事ができるという事も分かりました。秘密厳守って、信用が大切な弁護士さんはきっちりと守ってもらえるので安心です。

 

 

これで、妻や夫にバレずにこっそりと解決ができます。解決ができるだけでなく、債務整理をすると、過払い金といって、法定金利以上の支払い分が戻ってくる可能性があるという事も分かりました。そのお金で生活を立て直す事もできますので、解決すれば一安心です。

 

 

司法書士と、弁護士は、どっちがお得で、何が違うのか?

 

電車のドアの近くに、ヤミ金に強い司法書士事務所や弁護士事務所の広告が貼ってありますが、そもそも司法書士と、弁護士は、どう違うのでしょうか?もちろん、弁護士は、司法試験という難関な国家試験に通らないとなれない事は、大抵の人なら知っていると思います。

 

 

弁護士の場合には、債務金額に制限がなく対応ができますが、司法書士の場合、認定司法書士でないと、債務総額が140万円までと制限があります。

 

 

また、実際に裁判になると、弁護士は代理人になる事ができますが、司法書士はなる事ができません。 でも、実際の裁判は、書面上だけで進んでいきますので、出頭をしなくても大丈夫です。 ご安心ください。

 

 

代理人なるという圧力は、債権者であるヤミ金業者にも、効果が絶大で、司法書士に依頼する時よりも、迅速で、確実な解決が見込まれます。

 

 

司法書士と弁護士だと、弁護士の方が費用がかかりそう?と思いますが、破産の申し立てなど、司法書士は代理人になれないので、供託金を50万円用意するなど、逆に費用が掛かる事もあります。 一概には言えないので、信頼できる所に相談をしたいですね。

 

 

どちらかといえば、金額に制限がなく、代理人にもなってくれるヤミ金に強い弁護士事務所の方が、司法書士事務所よりも安心できるのではないでしょうか。

 

 

自分で抱え込まずにその道のプロへ任せましょう

 

ヤミ金からの違法な取り立てや、法外な金利を支払い続けて、完済をする事は困難です。家族に迷惑がかかったり、バレて離婚や解雇などにならない為にも、自分で抱え込んでも解決しない問題が起こった時には、一刻も早く、その道のプロにお任せする事をオススメします。一刻も早く家族に内緒で、債務整理、過払い金問題を解決しましょう。

ヤミ金問題の早期解決は相談実績15000件以上で、ヤミ金に強い弁護士がいるRESTA法律事務所がオススメ!

RESTA法律事務所はコチラ