ヤミ金対策は、安心のできる弁護士事務所に


ヤミ金対策は、安心のできる弁護士事務所に

バブルの頃の消費癖が抜けず、残業代もボーナスも減る中で、気が付けば、ローンの返済が滞り、気が付いたら3社の消費者金融から借りていました。

 

 

もうどこからも借りられなくなった時に、借りたのがヤミ金でした。当時は、ヤミ金という言葉も知らず、「まだ貸してくれるところがあったんだ!」と安心していたのですが、払っても払っても、借金は一向に減らないし、また支払いが滞るように・・・。

 

 

そんな時、通勤電車で、「借金の相談は、ヤミ金に強い弁護士事務所に」という広告を見たんです。

 

 

弁護士って、相談をするだけで費用が発生する?

 

調べてみたところ一般的な裁判に関わる弁護士相談は、1時間当たり5000円という相場です。これ以上の出費は難しいので、もう少し調べてみると、ヤミ金に強い弁護士事務所なら、相談までは無料という所もあるようでした。

 

 

中には、着手金無料という所まであったのですが、結局、成功報酬が高かったので、相談をする前には、総額がどのくらいになるのか?を、きちんと無料相談で確認をして、高い時には、断る勇気も必要ですね。

 

 

実際に依頼をするまでは、費用が掛からないのなら、気軽に相談できると思い、いくつかの弁護士事務所の中から、実績が、15,000件を越えていて、信用ができそうな「RESTA法律事務所」(リスタ法律事務所)に相談をしてみる事にしました。

 

 

ヤミ金対応の弁護士に相談すると全体でどのくらい費用が掛かる?

 

借金問題を解決する為には、いくつかの債務整理の方法があります。「任意整理」「個人民事再生」「自己破産」とあります。

 

 

任意整理の場合には、着手金が39,800円(債権者一件あたり)成功報酬が19,800円(債権者一件あたり)、もし、債務を免除されたら、その免除額の10%が弁護士費用になります。

 

 

1社60,000円で、5社で300,000円くらいという感じになります。

 

 

個人民事再生の場合には、全体をまとめて行うので、住宅ローンがない場合は、500,000円〜、住宅ローンがある場合には、600,000円〜になります。

 

 

自己破産の場合には、初回で特別の事情がなければ、500,000円〜になります。

 

 

そして、ヤミ金の場合には、法律的にも貸金業登録をしていない違法業者か、していても実体は、法令違反をしているような悪徳な業者なので、返済をする必要はなく、特別な対応が必要になり、1社50,000円〜になります。

 

 

私の場合は、消費者金融3社、住宅ローン1社、ヤミ金1社でしたので、任意整理で、契約の時点で、約350,000円でした。

 

 

弁護士事務所への費用の前払い、後払い、分割払いについて

 

着手金というと、始めに耳をそろえて全額を支払わないと、弁護士に引き受けて頂けないというイメージを持つと思いますが、借金問題の場合は、お金がなくて相談をしているので、そういった部分も相談にのって頂けます。

 

 

まずは、消費者金融に返済予定だった分の請求や、延滞利息を止めてもらい、改めて、機関と金利を決める間に1か月くらいの時間がかかります。 その時に返済をする予定だった分から、着手金として、まず50,000円を支払いました。

 

 

このように私の場合は、着手金も一括でお支払いができなかったので、残りの金額は後日分割でお支払いを猶予して頂ける事になりました。

 

 

任意整理の結果、住宅ローンは、契約変更を行い、消費者金融は、過払い分を減額、ヤミ金については、既に元本以上支払いをしているので、債務はなくなりました。

 

 

毎月の支払いが50,0000円ほど減った分から、分割でお支払いする事になりました。減額の成功報酬と合わせて、1年間、総額で、約520,000円でした。

 

 

あの時、ヤミ金に強い弁護士事務所に相談をしていなければ、今頃、ヤミ金からの電話が会社にもかかってきて、私の信用を失う所でした。

 

 

RESTA法律事務所に相談をしたおかげで、今では、住宅ローン以外の借金もなく、家族と健やかに安心した生活を送る事ができています。

ヤミ金問題の早期解決は相談実績15000件以上で、ヤミ金に強い弁護士がいるRESTA法律事務所がオススメ!

RESTA法律事務所はコチラ