ヤミ金からの借金に困ったので夜逃げを考えてみたけど・・・


ヤミ金からの借金に困ったので夜逃げを考えてみたけど・・・

私は、零細な工場の社長をやっていますが、円安による原材料の高騰や、部品工場の海外移転などで、売り上げが低下し、資金繰りが悪化して、商工ローンの返済が滞るようになりました。

 

 

仕方なくヤミ金に借りたのですが、3ヶ月もしないうちに返済ができなくなり、毎日何回も工場に電話がかかってくるようになり、そのうち、工場にも来るようになりました。取引先に見られないように、その都度、私が外で対応をしていましたが、おかげで本業の仕事に手がつかなくなってきて、鬱のような状態になってしまいました。

 

 

もう、死のうかと思っていた頃、妻が、「工場を畳んで、夜逃げしましょう」と気丈にも行ってくれました。夜逃げをするとどうなるのか? 妻と一緒に調べて見る事にしました。

 

 

夜逃げをするとヤミ金は追いかけてくる?

 

調べてみると、携帯番号も捨てて、連絡が取れない状況にして、知らない土地に夜逃げをすると、ヤミ金からの連絡は取れなくなります。実際のところは、半年くらい連絡が取れない場合には、効率を考えるとそれ以上の追及はしてこないそうです。ただし、親族、近隣、取引先などにもご迷惑がかかる可能性があります。

 

 

その他にも、夜逃げをすると、デメリットがあります。住民票などはそのままになりますので、住む場所を借りたり、正社員で働いたり、各種証明書の提出が出来ないので公的な補助が受けられなかったりします。もし、子供がいる人は学校も通えませんし、健康保険書が作れませんので医療費が高額になります。また、運転免許も更新できません。

 

 

夜逃げをするのは全くメリットがなく、ヤミ金に強い弁護士事務所に相談をしてみた方が良いという事が分かりました。

 

 

夜逃げと高跳びはどう違うのか?

 

普通の借金の場合には、ゆくえをくらまして夜逃げをすると、10年間連絡が取れない状況になれば時効になりますが、高跳びで、国外逃亡をしていた場合には、国外にいた期間は、時効の中断となり、注意が必要です。ですから、10年間海外にいて、戻って来ても時効は成立していないので、債務は帳消しにはなりません。

 

 

ところが、ヤミ金は、そもそも出資法に違反している金利で貸付をする犯罪者です。ですから、法的には、一切返済する必要はありません。つまり、法律上お金を返す必要はありませんので、時効とは関係なく、法的に対処する事が解決への唯一の方法です。つまり、国外逃亡は、全く意味がないという事が分かりました。

ヤミ金問題の早期解決は相談実績15000件以上で、ヤミ金に強い弁護士がいるRESTA法律事務所がオススメ!

RESTA法律事務所はコチラ