ヤミ金からの催促電話を止めさせる方法とは?


ヤミ金からの催促電話を止めさせる方法とは?

「田中さん! 今回分の返済は、いつできますか? 明日までに返せないようなら、勤務先にも連絡するしかないね。」今日、10回目の電話です。仕事中でもお構いなしで、かかってきます。現在、午前11時。営業なので外に出ていますが、このままでは、お客様との商談にも問題が起こります。

 

 

ヤミ金からの電話がしつこくなったのは、支払いができなくなった翌日でした。もう、返済をするお金はどこにもないし、借りられるところもない。 他のヤミ金から借りたら、それこそ、職場や、自宅にもヤミ金からの督促の電話がかかってきて家庭崩壊になります。

 

 

ヤミ金から勤め先に電話がかかってきたらどう対応すればいいのか?

 

結局、その日は、30回くらいの電話がかかってきて、お客様と商談中だったので、出られない時もあったのですが、なんとか明日の昼まで猶予をもらう事になりました。

 

 

もちろん、当てもないので、その日も不通に営業に出ていたのですが、昼までは何事もなかったかのように静かでした。 午前中の営業を終えて、一度事務所に帰ってきた時に、ヤミ金からの連絡がきたのが不幸中の幸いでした。

 

 

「田中さん、本当は返済の当てなんてないんじゃないの? 会社から借りようよ。」ヤミ金からの催促は、会社からの従業員借入をせまる物でした。私の勤務先の会社は中小企業で、そういう制度がなかったので、やんわりと説明をしましたが、そうしたら、逆に、「じゃあ、うちからもう1回貸してあげるから、来週返済してね」という上限で催促の電話は終わりました。

 

 

1週間は、電話がかかってこないという平和な選択の為に、私はさらにヤミ金から借り入れを増やしてしまったのです。

 

 

ヤミ金からの催促の電話を止めさせるにはどうすればいいのか?

 

それから1週間、ヤミ金からの督促の電話もなく、返す当てもないまま、途方に暮れていた時に、「債務整理は弁護士事務所へ」というテレビのCMでした。

 

 

続きはWEBで!というお決まりのフレーズだったので、ホームページを見てみると、弁護士に相談をすると、すぐにヤミ金からの督促の電話が止まり、ヤミ金との交渉もすべて弁護士事務所で対応してくれることが分かったのです。

 

 

私は思わず、ガッツポーズを握りしめ、ホームページの内容をさらに調べて見る事にしました。費用は、任意整理の場合には、着手金が39,800円(債権者一件あたり)成功報酬が19,800円(債権者一件あたり)、もし、債務を免除されたら、その免除額の10%が弁護士費用になるので、だいたい1社60,000円くらいです。

 

 

私の場合は、消費者金融3社、ヤミ金1社でしたので、債務免除がどのくらいになるのか分からないので、30万〜40万位を目安になると思います。もちろんそのような費用を払う余裕もありませんので、整理がついてから3年以内の分割で対応をする事も出来る事が分かりました。

 

 

オススメのヤミ金に強い弁護士事務所は?

 

ヤミ金の督促を止めさせるには、元本分以上に払っている事や、違法な借金である事を、毅然な態度を取って、関係を断ち切る事が一番だという事です。とは言うものの個人での解決は難しいので、早急に弁護士や司法書士に相談をする事が最善だという事が分かりました。

 

 

その中で、ヤミ金に強い弁護士事務所の中には、相談フリーダイヤルで相談をしてくれる所もあります。返済が苦しい時には、相談料もかからない所がオススメです。1時間5000円が相場と言われる弁護士相談が、「無料」でできることはありがたいことですね。

 

 

私は、ヤミ金に強い弁護士事務所として、RESTA法律事務所に相談をしました。RESTA法律事務所では、15,000件を超える相談実績もあります。また、信用・信頼ができる弁護士がたくさんいらっしゃり、私のような住宅ローンを抱えた多重債務者でも親身になって頂き解決する事が出来ました。

ヤミ金問題の早期解決は相談実績15000件以上で、ヤミ金に強い弁護士がいるRESTA法律事務所がオススメ!

RESTA法律事務所はコチラ