ソフト闇金なら、ヤミ金よりも安全?


ヤミ金への返済を無視したら大変な事になった

毎月の返済に困り、どこからも借りる事ができず、ヤミ金に手を出してしまった。もちろん、2週間後に返済のあてがあるわけもなく、毎日、毎日、かかって来る催促の電話には、金策をしていますとしか答えられない。

 

 

仕事中にもかかって来るので、携帯の電源を切ることもありますが、その後にかかってきた時には、さらに嫌味を言われ、ほとほと電話に出るのも嫌になってしまいました。もう精神的にも参ってしまって、着信拒否をしたのですが、それが間違いだと気が付くのに、大した時間は必要ありませんでした。

 

 

ヤミ金は、貸金業登録もしていない違法な業者です。本来であれば、もちろん借りてはいけませんが、法律的には、元本を含めて、返済の義務がありません。ですが、相手はもともと法律違反を承知でお金を貸す違法な業者なので、素人が法律という理屈を言っても、相手をしてはくれません。

 

 

ヤミ金からの電話があまりに多く着信拒否にしたら?

 

返済に遅れがない時は、温和で返済日前の振込連絡があるだけですが、一度でも、返済が遅れると、朝から晩まで返済ができるまで執拗に電話がかかってきます。電源をオフにしていたり、着信拒否にしても、「非通知」「別の携帯番号」で架かってくるので、一時的な時間稼ぎにしかなりません。

 

 

なにより、本人に連絡がつかない場合には、「自宅」「勤務先」「保証人」に連絡が入るので、今以上に状況が悪化する事が目に見えています。また、都市部近郊であれば、自宅への訪問による督促もあり、返済をするまで金策をさせられ、電話以上の困難な状況になります。

 

 

ひどいケースだと、ペナルティと称して、勝手にピザやラーメンを注文される嫌がらせ受けたケースがあるそうです。例え違法とは言え、借りたものを返せずに、連絡を取らないというのは、問題解決から遠ざかります。

 

 

そして、返済できない事に焦り、困ってしまって冷静な判断ができなくなると、自分自身で悪い方向へ導いてしまうばかりか、ヤミ金からさらに借りてしまうというような泥沼化してしまう事もあります。一人で悩まずに、返済ができなくなる前に、すぐにヤミ金に強い弁護士事務所に相談をしましょう。

 

 

ヤミ金からの取り立てが厳しくて、催促の期限に間に合わなかったら?

 

着信拒否はしなくても、返済が遅れて、催促の期限に間に合わないと、さらに状況が悪化します。ペナルティと称して、延滞利息をさらに加算され、勤務先や、保証人にも連絡をされて、信用が無くなる状況になります。それも無視をして、延滞が続くと、返済用の資金を貸すので、2週間後にまた金策をしてというように返せない借金がどんどん膨らみ、後に戻れなくなります。

 

 

30万くらいの金額になると、勤務先や保証人にも連絡をして、そちらからの回収をしてくることが多く、小さな会社の場合には、会社を辞めざるを得なくなることもあります。

 

 

このようになる前に、ヤミ金業者から借りてしまった時点で、あなたの返済計画は行き詰っています。一人で抱え込んでも解決しない問題は、家族に相談をしたり、法律のプロに相談をする事で解決の糸口が見えてきます。

ヤミ金問題の早期解決は相談実績15000件以上で、ヤミ金に強い弁護士がいるRESTA法律事務所がオススメ!

RESTA法律事務所はコチラ