ヤミ金の問題は、警察でどこまで対応できるのか?


ヤミ金の問題は、警察でどこまで対応できるのか?

ヤミ金からの催促の電話で夜も眠れない、仕事も手に付かない、どこに相談をしていいかよくわからない。ヤミ金からの被害について、警察に行って相談をしようと思っているけど、何をどうしたら良いのか分からない?警察や弁護士は、どのようにヤミ金問題を解決してくれるのか?ヤミ金問題の解決方法について、お話をしていきたいと思います。

 

 

ヤミ金と警察の関係について

 

警察で対応ができるのは、刑事事件です。だから、民事不介入と言って、お金を借りた、返せないという相談には、対処する事ができません。相談ができる内容は、ヤミ金からの被害に合っているので被害届を出して、ヤミ金の取り締まり(ヤミ金を貸金業法違反で逮捕してもらう)をお願いする事が目的になります。

 

 

近くの交番や派出所のお巡りさんに相談をしても対応が出来ないので、地域の警察署の生活安全課に相談をして下さい。ヤミ金からの違法な取り立てに対する被害を訴えて下さい。

 

 

事情聴取をされますので、ヤミ金業者との対応について資料になるモノを持参すると良いと思います。具体的には、ヤミ金業者の名前、担当者、電話番号、いくらの借り入れでいくらの返済、返済の銀行口座、過去の支払い履歴や電話などの着信履歴などを用意しておきましょう。

 

 

ヤミ金業者が所在している相手の所轄の警察署で調査をしてくれるので、所轄の警察署の担当者が、見回りに来てくれたり、代わりに電話で話を受けてくれたりして、違法な取り立てについては、緩和される事もあります。

 

 

もし、所轄の警察署で対応が十分にしてもらえない場合には、都道府県警の本部の生活安全課に、電話で相談をしてみてください。 縦社会なので、上部組織からの注意は効果が絶大です。

 

 

ただし、警察は民事不介入なので、ヤミ金が届け出もしていない貸金業法違反で刑事事件として戦わないといけないので、しっかりと証拠が必要です。また、借金の根本的な解決をしてくれるわけではないので、解決までの道のりは、時間がかかりる事が多く、個人では難しい面もあります。

 

 

ヤミ金問題の被害届について

 

警察が被害届を受理すると、ヤミ金の担当に連絡をしてもらって、違法な督促を辞めるように伝えてもらえる事があります。効果的な対応をしてもらう為には、警察署に相談をする前の準備が大切です。

 

 

ヤミ金の督促が、俗にいう「夜討ち朝駆け」で、朝早くから、夜遅くまで電話をかけてくる、自宅や会社へ訪問するなど、違法な取り立てをしている場合や、「殺すぞ」「会社に言うぞ」「臓器を売れ」というような恐喝めいた事を言われたりする場合には、証拠の写真やテープを用意してから、警察署の生活安全課に相談をしましょう。

 

 

基本的に、警察署は、身の危険を感じた時、生活に問題が生じるような事が起こった時に、緩和するような場所という事になります。ヤミ金は、法律による解決や理屈を、そのまま受け入れるような人たちではありません。チンピラや、末端の暴力団員などが関与している事が多く、警察が介入しようとしても、所在地が分からない090金融などの場合には、効果が弱まります。

 

 

このようにヤミ金問題は、警察に頼っても根本的な解決に至らない事があるので、法律的なアプローチができるヤミ金問題に強い弁護士事務所に相談をする事が解決の近道です。ヤミ金問題に強い弁護士事務所で委任ができれば、ヤミ金業者への返済も対応もいっさいありません。きっと、あなたのヤミ金問題は、解決に向かいます。

ヤミ金問題の早期解決は相談実績15000件以上で、ヤミ金に強い弁護士がいるRESTA法律事務所がオススメ!

RESTA法律事務所はコチラ