ヤミ金に手を付けてどうにもならない時に自己破産はできる?


ヤミ金に手を付けてどうにもならない時に自己破産はできる?

ヤミ金からの借金が返せなくなり、どうにもならなくなった時に、いろいろと調べてみました。

 

 

自己破産や任意整理など、一通りの借金の問題については分かったのですが、ヤミ金については、契約書もないし、対応してくれない司法書士がいるという事を知って、どうしたらいいのか不安になったので、ヤミ金の対応もしてくれる弁護士事務所に相談をしてみる事にしました。

 

 

私の様にヤミ金に手を付けて、普通の生活に戻った経験が、あなたの借金問題の参考になれば幸いです。

 

 

自己破産のメリット・デメリット

 

自己破産は、お住まいの地区の裁判所に破産申立書を提出して、免責許可をして頂き、全ての借入金をチャラにするという手続きです。

 

 

メリットは、税金や年金などの公的な支払以外の一般的な借入は、すべて無くなります。(債務免除)。債権者は、強制執行や差し押さえなどができなくなりますので、給料などがそのまま使えるようになります。

 

 

デメリットは、官報といって、国が出す機関誌に自己破産した事が掲載されます。5年〜10年の間、新しい借金ができなくなります。金融機関の与信情報に記載され、俗に言うブラックリストにのるためです。弁護士や医者、警備員など一定の職業に付く事が出来なくなります。

 

 

手元にある資産は、20万円以上の価値が認められるものは、換金されます。普通に働いている人の場合には、デメリットを感じる事はあまりありません。官報に乗るのですが、一般的にはあまり有名ではありません。一部のヤミ金からの融資の連絡があるかもしれませんが、誤っても借りたりしないようにしましょう。

 

 

ヤミ金と自己破産について

 

ヤミ金との対応は自己破産の手続きの前に、そもそも民法704条に基づいて支払い義務が無い事を相手に通告します。相手の所在が分かっている場合には、元本以上に返済した分の不当利益の返還請求を行うこともできますが、弁護士費用や相手からの報復を考えると諦める方が得になる事が多いです。

 

 

もし、相手方の所在が分からない場合には、電話での個別対応になりますが、頼りになる弁護士にお任せすれば、ヤミ金は、返済を諦めます。問題が大きくなって、携帯の電波などから所在がばれてしまう事の方を恐れるからです。

 

 

このように、ヤミ金問題があるからと言って、自己破産が出来ないという事はありませんので、安心して、一刻も早く、ヤミ金に強い弁護士事務所に相談をしてみてください。

ヤミ金問題の早期解決は相談実績15000件以上で、ヤミ金に強い弁護士がいるRESTA法律事務所がオススメ!

RESTA法律事務所はコチラ