ヤミ金の借金でも任意整理はできる?


ヤミ金の借金でも任意整理はできる?

ヤミ金からの借金が返せなくなり、どうにもならなくなった時に、いろいろと調べてみました。自己破産や任意整理など、一通りの借金の問題については分かったのですが、ヤミ金については、契約書もないし、対応してくれない司法書士がいるという事を知って、どうしたらいいのか不安になったので、ヤミ金の対応もしてくれる弁護士事務所に相談をしてみる事にしました。

 

 

私の様にヤミ金に手を付けて、任意整理から、普通の生活に戻った経験が、あなたの借金問題の参考になれば幸いです。

 

 

任意整理のメリット・デメリット

 

自己破産は、自宅があったり、親族の支援が受けられる状況の場合には、なかなか難しいことがありますが、任意整理であれば、デメリットも少なく、あなたの借金を圧縮してもらえるので、支払いに困った場合には、信頼のできる弁護士や司法書士に相談をしてみてください。

 

 

任意整理とは、弁護士や司法書士が仲裁となって債権者と返済の方法や返済の額の見直しをする交渉をして、返済ができるように条件を変更してもらう手続きです。自己破産のように、裁判所は関与しませんし、どのような調整ができるのかは、弁護士や司法書士の腕次第です。

 

 

メリットは、借金の総額が減る可能性があります。(債務の一部免除や、過払い金などの返還)また金利が低い通常のローンはそのままにする事も交渉次第で可能です。デメリットは、返済完了後から、5年程度の間、新しい借金ができなくなります。金融機関の与信情報に記載され、俗に言うブラックリストにのるためです。返済できるローンの組み直しができないと、交渉が合意しない場合があります。

 

 

既に返済能力を超えて、債務超過になっている場合には、自己破産の方が良いケースもありますので、借入の総額と収入や資産について、詳しく相談をしてみてください。

 

 

私の場合には、任意整理で総額230万円の元本が、利息・延滞金を免除され、180万円まで減額になり、さらにその先の利息は免除され、元本のみの返還を5年間に分割をして解決をしました。

 

 

ヤミ金と任意整理について

 

ヤミ金との対応は、任意整理の手続きとは別になります。ヤミ金は存在自体が違法である為、受け取った現金についても、元本を含めて返済義務が無い事が裁判所の判決でも出ています。具体的には、民法704条に基づいて支払い義務が無い事をヤミ金に伝える事で、これ以上騒ぎを大きくしたくないヤミ金の場合には手を引きます。

 

 

大体のケースで、3,4回の返済をしていれば、もうヤミ金の利益になっているはずなので、警察の厄介になるよりは、手を引いた方が賢い選択だからです。支払い過ぎた分については、不当利得の返還請求を行うこともできますが、弁護士費用やヤミ金からの報復を考えると諦めた方がよいかもしれません。ヤミ金問題があっても、任意整理が出来ないという事はありませんので、安心して、一刻も早く、ヤミ金に強い弁護士事務所に相談をしてみてください。

ヤミ金問題の早期解決は相談実績15000件以上で、ヤミ金に強い弁護士がいるRESTA法律事務所がオススメ!

RESTA法律事務所はコチラ