ヤミ金問題を解決するお金がない場合には?


ヤミ金問題を解決するお金がない場合には?

ヤミ金問題を解決したいという気持ちはあるけれど、既に返済に回せるお金もない。助けては欲しいけれど、ヤミ金から借り入れをした時点で、もうその資格もないんじゃないか?そのように落胆しているあなたに朗報です。

 

 

困った人を助けるのが法律の番人の弁護士です。確かに世間一般的には、相談するだけで1時間5000円以上かかるのが相場で、事務所をノックするまでにも敷居が高い弁護士先生というイメージでしたが、最近は、弁護士になる為の司法試験の制度改革もあり、広告をする法律も変わり、自由に営業ができるようになってきました。

 

 

サービス向上の一環として、無料相談のフリーダイヤルを設けたり、インターネットのWEBページから相談やお申し込みの手続きができるようになってきました。手付金については、返済をする予定の金額をできる限りお渡しして、その後は、分割での対応ができるようにしてくれる優しい弁護士事務所も増えています。具体的に、ヤミ金の対応にはどのくらいの費用がかかるのか、確認をしてみましょう。

 

 

ヤミ金の対応にかかる費用は?

 

大体相場は、1社4〜6万円くらいのところが多いです。 安い所は、縁を切るだけの事が多く、高い所は不当利得の返還まで対応してくれることもあるようです。ヤミ金については、嫌がらせがなければ、縁を切るだけでも十分だと思います。

 

 

着手金は、費用の中に含まれている事が多いです。不当利得の返還(過払い金)の成功報酬が、10〜30%ほど追加になることもありますが、もともとヤミ金に払ったお金が戻ってくる事なんて考えていなかったと思いますので少しでも戻ってくれば費用の支払いがそこからできますね。

 

 

借金問題の解決にかかる費用は?

 

一般的な任意整理の場合には、1社3~5万円くらいが相場です。それ以外にかかる費用としては、過払い金が戻ってきた場合の成功報酬や、元本の減額が成功した場合の成功報酬、分割返済中の口座管理手数料など、弁護士事務所、司法書士事務所によって異なりますので、いくつかの事務所に総額の見積もりを依頼してみるといいと思います。

 

 

例えば、総額4社200万の借金があった場合に、債務免除が50万円、過払い金無しだった場合のケースで試算をしてみましょう。

 

 

1社5万円でそれ以外の費用が一切かからないA事務所
5万円×4社=20万円(税抜き)

 

1社3万円で、成功報酬が30%のB事務所
3万円×4社+50万円×30%=27万円(税抜き)

 

1社あたりの費用だけではなく、借入の金額が多く、長期の返済実績がある場合には、成功報酬の金額もアップしやすいので注意が必要です。

 

 

自己破産の場合には、借金全体での対応となりますので、20万円〜30万円くらいになります。この場合、不動産などの資産がある場合には、裁判所に約22万円を納めなくてはいけない為、総額で50万円程度必要になります。

 

 

個人再生の場合にも、借金全体での対応となりますので、30万円〜40万円くらいになります。住宅ローンがある場合には、別途5万円くらいの費用がかかります。

ヤミ金問題の早期解決は相談実績15000件以上で、ヤミ金に強い弁護士がいるRESTA法律事務所がオススメ!

RESTA法律事務所はコチラ