ヤミ金業者からお金を取り戻す方法


ヤミ金業者からお金を取り戻す方法

ヤミ金業者は、出資法の上限金利である年利20%以上の高金利で貸付を行う違法業者です。法律ではどのようになっているのか?というと、ヤミ金業者から借り入れをしたとしても、それ自体が法律上は無効になります。ですから、借り入れ元本や利息や手数料なども含めて一切返済する必要はありません。

 

 

また、ヤミ金業者に対して既に返済してしまったお金は、利息や元本も含めた全額をヤミ金業者から返してもらう権利があります。実際のところは、違法である事を分った上で、貸付をするのですから、世間一般の理屈や法律ではなかなか解決が難しいのが実情です。

 

 

どうしたらお金を取り戻せるのか?どこへ相談をしたらいいのか?ヤミ金からの返済に困っている場合には、この対処法をじっくりと読んで、すぐに対応をしてみてください。

 

 

ヤミ金から具体的に取り戻す方法は?

 

例えば、返還をしてもらうにしても、ヤミ金業者が090金融のように、事務所が不明で、携帯電話のみで営業している等、その実態が不明な場合は、交渉に対応してくることはほとんどないため、警察署への被害届の提出や、裁判所への訴訟等の法的手続を取る対応が別途必要です。

 

 

ヤミ金からの借り入れは、元本も含めて返済する義務は一切ないという事が分かっていたとしても、個人でヤミ金を相手に交渉をする事は非常に難しいです。ヤミ金問題を解決するためには、ヤミ金に強い弁護士事務所にすぐに相談をして下さい。

 

 

ヤミ金からお金が返ってくるケースは?

 

ヤミ金との交渉は、なかなか一般人には難しく、相手も理屈通りには対応をしてくれません。ヤミ金への支払いを止めて、完済をする為には、ヤミ金が利用している返済口座を使えない状態にするという解決方法もあります。

 

 

ヤミ金業者が利用している返済用の口座は、返済に困った人から買い取ったものも多く、その口座が違法行為に使われている事が分かれば、金融機関は、すぐに凍結(利用ができなくなります)してくれます。

 

 

これは、被害が減らない振り込め詐欺に対して、その被害を受けた方のすみやかな救済と回復の為に、新しい法律ができたからです。「振り込め詐欺救済法(犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律)」というもので、平成二十年六月から施行されています。

 

 

この法律によって、返済の口座番号を警察署に伝えて被害届を出せば、金融機関は被害者が振り込んだ口座を速やかに凍結し、あなたの振込金額や凍結された口座の残高に応じて、振込金額の全部または一部を被害回復分配金として受けることができます。

 

 

このような法的な手続きについては、ヤミ金に強いRESTA法律事務所に相談をされると良いでしょう。費用については、分割対応も出来ますので、手元に手付金も用意できないそんなあなたでも相談できます。頼もしい弁護士が、あなたの為にヤミ金からお金を取り戻して、借金問題も解決して、通常の生活に戻れるように親身にサポートをしてくれます。

ヤミ金問題の早期解決は相談実績15000件以上で、ヤミ金に強い弁護士がいるRESTA法律事務所がオススメ!

RESTA法律事務所はコチラ