ヤミ金業者からお金を借りると個人情報は流出してしまう?


ヤミ金業者からお金を借りると個人情報は流出してしまう?

個人情報は、一度流れてしまうと、もう回収ができません。相手が信用できるかどうか、電話をかける前に、もう一度よく考えてみてください。

 

 

一般的に、企業に伝えた個人情報は、個人情報保護法で、きっちりと保護されています。企業は、目的以外の利用の禁止、漏えい防止などの対策をする法律もありますが、実は、ヤミ金業者も含めて、個人情報の取り扱いの規模が小さい場合には、法律の範囲には行っておらず、義務付けをされていないので、厳しい罰則もありません。

 

 

また、ヤミ金のように、もともと法律を守る気が無い人に渡った場合には、個人情報保護はあってないようなものです。その場合、あなたの個人情報はどのように扱われるのでしょうか?ヤミ金業者の個人情報の取り扱いや売買について困った事があれば、解決策を見つけていきましょう。

 

 

ヤミ金からの個人情報の流出はあるか?

 

残念ながら、個人情報は流出していると考えてください。ヤミ金は、あなたの電話番号、住所、勤務先などの個人情報を担保に少額融資をしているので、個人情報の価値が無くなるまで、あなたからお金を搾り取るのが常套手段です。

 

 

ですから、あなたが利息のみ返済を続けて、価値のある顧客でいる間は、ヤミ金にとって、大切な個人情報ですので、すぐに流出することは在りません。

 

 

あなたが、返済に困って、他のヤミ金に手を出すようなことがあれば、ヤミ金業者の間のネットワークで、個人情報は共有され、お互いの利益に害が無いように調整をしています。
また、ヤミ金は、違法業者なので、たびたび警察の取り締まりにあいますが、末端のヤミ金業者は、名前を変え、電話番号を変え、継続して営業を続けています。

 

 

そのような事が出来る背景には、資金を提供する上部組織(主に暴力団関係)があり、個人情報を名簿屋から購入したり、そのリストも共有されています。例えば、過去に警察、弁護士、司法書士とトラブルになった顧客のリストや、自己破産、個人再生をした人のリストもあります。効率よく営業ができるように、カモになる客と、害になる客のリストがあるわけです。

 

 

ヤミ金は、個人情報の売買をするか?

 

残念ながら、個人情報の売買も当然あります。でも、利息の支払いがきっちりされている優良顧客の場合には、名簿屋に情報を流してしまうと、支払いができなくなる多重債務者に一気に進んでしまって、不良顧客になってしまう可能性があるので、毎回、期日に細々と利息だけ返済をしている間はあまり心配ありません。

 

 

それよりも、返済に間に合わなくなったり、追い貸しがもうできなくなったり、縁を切るために一括返済をするなど、ヤミ金の利益に反する行動を取ると、最後のひと稼ぎとして、名簿屋に情報を売ることもあります。

 

 

ヤミ金からお金を借りた時点で、いずれは返済ができなくなり、複数のヤミ金に借りる地獄に落ちるのは時間の問題です。

 

 

もし、あなたがヤミ金からお金を借りてしまったら、または借りようと思うくらいまで返済が困ってしまったら、借金問題を解決してくれるヤミ金に強い弁護士事務所にまずは相談をする事をオススメします。

ヤミ金問題の早期解決は相談実績15000件以上で、ヤミ金に強い弁護士がいるRESTA法律事務所がオススメ!

RESTA法律事務所はコチラ